Uilenspiegel_1
バルチラサンドガード
泥砂等水域で運航される船舶向け設計

バルチラサンドガードシール

バルチラサンドガード(Wärtsilä Sandguard)シーリングシステムは、海水中への油の漏洩に対する安全確保が要求される泥砂水域および汚染水域で運航される船舶向けに特に設計されています。

このシステムは泥砂等摩耗を促進する異物がシールに入り込むのを防止するために設計されています。これは、特別に設計されたフェースシールと保護リング(FSPシール)およびシールに取付けられた清水注入装置を追加することにより実現されています。清水は船尾側シール室に供給されますが、この装置はFSPシールを通して清水を排出することにより、泥水や砂混りの海水がシールシステム内に浸入するのを防止します。当社の最適ソリューションは空気と清水とを組み合わせて使用します。

バルチラサンドガードシーリングシステムは、自動ドレン回収システムにより水と油の完全な分離を確実にして環境規制に対する適合を保証します。圧力を自動で制御する仕組みにより、バルチラサンドガードは保守にかかる負担を低減し、保守期間を延長する信頼性の高いインテリジェントシールシステムをお客様に提供します。

Wärtsilä Airguard seal
© 2021 Wärtsilä