wartsila-seals-and-bearings-merchant-vessel-aerial
バルチラエヤガード(2本配管)システム
成功の経験に裏打ちされた製品

バルチラエヤガード(2本配管)システム

1998年に導入されたバルチラエヤガード(Wärtsilä Airguard)シールは、船舶業界においてその耐久性と高い信頼性が証明されています。当社は、このバルチラエヤアガード技術に基づいて新たなソリューションを開発しました。この技術はほぼ全ての船型に対して無駄が無くコスト効率の高いシール装置のアップグレードをお客様に提供できます。

この新しいバルチラエアガード2本配管システムは、取付け作業負荷を大幅に低減し、入渠時間を短く抑えるために開発されました。このシステムは既存の潤滑油系統と補機類を使用することにより、コストを低減して機器スペースを節約します。このバルチラエヤガード2本配管システムには革新的な油潤滑装置が取り付けられています。これは追加の配管を必要とすること無く予備のシールリングを作動させるのに役立ちます。その結果、潤滑と冷却を促進するとともに、シールの耐久性を延長します。

Wärtsilä Airguard Two Pipe System
© 2021 Wärtsilä